FC2ブログ
衛生点検♪
今日は、木曜日に終わった衛生点検♪のことについて書き込みますね。衛生点検は 年に1回、給食を作る保育施設を対象に、それぞれの地域の保健所により実施されます。

15:30~の予定でしたが、前の施設の点検が長引いたそうで、20分程 遅れて始まりました・・・が、担当者は3年目と言うこともあり、10分程で終わりました。驚きの早さです。
いくつかの質問の後(3年目ですから、質問より確認が多いです。)、何種類もパンフレット(食中毒・熱中症・感染症など)を頂きましたよ。(その中に書いてあることを、今後 少しずつ ここに書き込みます。
最後は、給食施設(←オーバーですが)・トイレ・洗面所・プール(しおんでは、ご存知の桶です。)を見られました。

◇しおんで準備している物◇
手洗い用ソープ3本(洗面所用・子ども用・キッチン用)・手指用アルコール2本(洗面所用・保育室用)・ペーパータオル・消毒用アルコール3本(洗面所用・キッチン用・保育室用)・ハイター(次亜塩素酸ナトリウム・・・ノロウイルス消毒用)
※ 今回 初めて、ハイターの確認がありました。
木曜日に お見せしませんでしたが、使い捨てエプロン・使い捨て手袋・マスクも準備しています。

後は、紙オムツ・紙パンツの処理方法を聞かれました。しおんでは、二重蓋の紙オムツ用 ゴミ箱を使っています。「排便後のオムツやパンツは、必ずビニール袋に入れて捨てます」と報告しました。
一緒に来られた看護師さんに 1つ褒められました。それは、子ども達の紐付きタオルを掛けるために 私が一工夫したタオル掛けです。しおんに来られた方は、ご覧になったことがあると思います。褒められると嬉しいものです。
ハイ、今年も冷蔵庫の確認がありました。冷蔵庫・冷凍庫には 簡単な温度計を入れているのですが、肝心な時に見つかりません。温度計は、入れておいた方が良いです。

今年も、問題は ありませんでした。ご利用の皆様、ご安心くださいね。

今日は、午後から天神方面へ出掛けました。身体のメンテナンスをした後、買い物へ。よく行っている お店が、改装前の安売りをしており、お絵描きに使うサインペン18色セットが50円×3セットなど ワゴンの中から事務用品を中心に購入しました。
1番必要だったのは ファクシミリ、とうとう送信が出来なくなりました。8年間使いましたから、仕方ありません。でも、安くなりましたね~。(初代のファクシミリは、10万円位したと思いますから。どんだけ前だったのでしょう。笑)4代目は、1万円ちょっとで購入できました。
明日は、ファクシミリを繋ぎたいと思います。

人気ブログランキングへ
↑すいかバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2011/08/20 23:59 】
健康・安全対策
熱中症について♪
梅雨明けしてから 暑い日が続いていますね。14日に福岡市から「熱中症の予防について」のFAXが届きましたので、今日は 私も 熱中症について♪再確認しながら書き込みたいと思います。

福岡市の熱中症の予防については、下記の6つのことが書かれていました。
① 睡眠を十分にとる。
② 炎天下での外出や運動は避ける。
③ 外出時は、帽子をかぶる。
④ のどが渇く前から、こまめに水分を補給する。
⑤ 部屋の窓を開け、風通しを良くする。
⑥ 体調が優れないときは、無理をしない。

熱中症の環境要因としては、気温が高い・湿度が高い(70パーセント以上は要注意!)・風が弱い・日差しが強いということがあるそうです。それは、屋外・屋内に関係なく起こります。
特に、体温調節機能が低下している高齢者や体温調節機能が十分に発達していない子ども達には、注意が必要です。
熱中症は3つの段階があります。
Ⅰ めまいや立ちくらみ・筋肉の痛みや硬直
Ⅱ 頭痛や不快感・吐き気や倦怠感・・・体温の上昇
Ⅲ 意識障害やけいれん・運動障害・・・体温が40℃を超える→救急車の要請
これは、昨年 放映された健康テレビ番組の内容です。

最後に、今まで私が研修会等で勉強したことを書き込みます。
熱中症の予防
① 日射しが強い時間帯は、小さな お子さんとの外出は出来るだけ避ける。(室内でも熱中症になる可能性が ありますので、ご注意くださいね。)
・ ベビーカーに乗っている お子さんは地面から近い分、アスファルトやコンクリートの放射熱により外気温より5~6℃高い暑さを感じる(高さ65センチ・顔の高さ)ことがありますので、くれぐれも ご注意ください。
② 帽子を かぶせたり、吸湿性の良い衣類にする。
③ 外出の際は、時々休憩をする。
④ 水や麦茶で、十分に水分補給をする。(麦茶には、身体を冷やす作用があるそうです。)喉が渇いたと感じてから飲むのではなく、感じる前に水分を摂るのがベストです。
・ 水分補給をする時、日本茶(利尿作用がある)は 避けた方が良いとのことです。小さな お子さんには、大人用のイオン飲料(味が濃く・カロリーが高いものが多い)も避けてくださいね。
⑤ 車内に、少しの時間だからと子ども達だけを残さない。

お子さんの様子がいつもと違っていたら、涼しい場所へ移動して、衣服を脱がせたり、ゆるめたりします。身体を冷やすことも必要になるでしょう。熱がある時は、首すじ・脇の下・腿の付け根を冷やすと効果的です。
飲み物が飲める様なら、乳幼児用のイオン飲料・麦茶・水などを与えます。
呼びかけても反応がなかったり、熱があるのに汗が出てない場合などは、早めに医師の治療を受ける必要があります。熱中症は重くなると命にかかわります。

今日から三連休がスタートしましたね。熱中症に気を付けて、楽しい時間を お過ごしください。

人気ブログランキングへ
↑すいかバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2011/07/16 23:30 】
健康・安全対策
ノロウイルスの予防
先日、食品衛生協会からファックスで、ノロウイルスについての情報が届きました。11月~3月が流行る時期ですから、今日は 予防について書き込むことにしました。(以前、参加した講習会や市役所から頂いたパンフレットを参考にしています。)
ノロウイルスは、感染性胃腸炎の原因となるウイルスの1つで、感染力が強く微量のウイルス(10~100個)で感染します。食中毒の原因として知られていますが、感染者の嘔吐物や便に大量のウイルスが含まれているので(30~40時間後の1回の下痢には約1億個のウイルスが あると言われています。)、それを介して広がることがあります。嘔吐・下痢等の症状が無くなっても、30日位 便にウイルスが出る可能性が ありますので、便の処理には くれぐれも ご注意ください。

ノロウイルスの感染経路
◇ 食中毒(生や それに近い二枚貝・二次汚染された食品)
◇ 感染者からの経口感染(嘔吐物・便)

予防対策としては、正しく手を洗うこと、食べ物を しっかり加熱することが一番大切です。また、生ものの喫食は極力避け、食品の中心温度85℃で1分以上の加熱をしてください。
◇ 汚物(嘔吐物・便)の処理方法のポイント
・処理を行う時は、使い捨て手袋・マスクを着用する。
・準備する物…ペーパータオル・ビニール袋・次亜塩素酸ナトリウム(家庭用 塩素系漂白剤でも可)
・十分に換気をする。
・汚物をペーパータオルで静かに拭き取り、ビニール袋に入れる。その時に、消毒液(0.1%の次亜塩素酸ナトリウム)をペーパータオルに染み込む程度入れ、しっかり口を締めて捨てる。
・汚物が付着した床やその周囲は、消毒液を浸したペーパータオル・ビニールをかぶせて30分間 消毒する。(汚物が乾燥して空気中に浮遊し、これを吸引した場合は 飛沫感染の恐れがあります。)
注) 消毒した場所が漂白されることが あります。ご使用の際は、塩素系漂白剤の「使用上の注意」を お守りください。

◇ ペットボトルを使った消毒液の作り方 ◇
○ 準備する物
 ・家庭用 塩素系漂白剤
 ・よく洗浄したペットボトル 500ml・2L 各1本ずつ
 ・金属製ではない じょうご(金属は錆びたり、漂白作用が強くなったりするそうです。)
 ・水
◇ 汚物が付着した床・衣類・トイレ等の消毒…0.1%(1000ppmの消毒液)
 ・水を半分入れた500mlのペットボトルに漂白剤をペットボトルのキャップ2杯入れ(キャップ1杯が5ml)、最後に水を加えて500mlにし、しっかり ふたをして よく振って混ぜ合わせる。
◇ 直接 手で触れる部分などの消毒(玩具・調理器具)…0.02%(200ppmの消毒液)
 ・水を半分入れた2Lのペットボトルに漂白剤をペットボトルのキャップ2杯入れ、最後に水を加えて2Lにし、しっかり ふたをして よく振って混ぜ合わせる。
※ 消毒液は、作り置きをすると効力がなくなります。2~3日で使い切ってください。
※ 消毒液が使えない場所や使えない物は、スチームアイロンや熱湯消毒(1分以上)も効果があるそうです。
※ ノロウイルスには、アルコール系や逆性石けんでの消毒は ほとんど効果が ありません。

今日は、洗濯・保育室の掃除・12月分献立表の作成(珍しく早めに準備しています。)をした後、母が「歩きたい」と言うので、西新まで買い物に行きました。腰痛が悪化してから1か月近くになるので、本当に久し振りです。(この1週間程、少しずつ歩く距離が長くなってきましたから、いきなりでは ありません。)以前の様なスピードは ありませんが、最後まで歩くことが出来て良かったです。母は 筋力の低下が気になる様なので、暖かい日には無理のない程度に 2人で ゆっくり歩こうと思います。皆様、ご心配を おかけしました。

人気ブログランキングへ
↑焼きいもバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2010/11/23 23:18 】
健康・安全対策
ノロウイルスの予防♪
私は20日に中央保健所 主催の「ノロウイルスによる感染性胃腸炎予防講習会」に出席し、色々なことを お聞きしたり、資料を頂いて来ましたので ここで報告します。(ネットでも少し調べました。)

皆さんは、感染性胃腸炎のことを ご存知でしょうか?病原体は細菌性のものでは腸炎ビブリオ・病原性大腸菌・サルモネラ・カンピロバクターなどがあり、ウイルス性のものではロタウイルス・腸管アデノウイルス・ノロウイルスがあるそうです。私も昨年の冬、ノロウイルスが流行り メディアを賑わせていた頃、恐ろしい病気だと感じ始めました。でも、ノロウイルスが見つかったのは40年近く前なのですね。

ノロウイルスは、感染力が強く微量のウイルスで感染します。(感染して30~40時間が一番危険だそうです。)11月~3月が流行る時期で、今のところ 福岡市では4件の報告が あっているそうです。嘔吐・下痢等の症状が無くなっても、30日位 便にウイルスが出る可能性が ありますので、便の処理には くれぐれも ご注意ください。

ノロウイルスの感染経路
◇ 食中毒(生や それに近い二枚貝・二次汚染された食品)
◇ 感染者からの経口感染(嘔吐物・便)

予防対策としては「洗手必焼」、正しく手を洗うこと、食べ物を しっかり加熱することが一番大切です。
手洗いについては、 ライオンHP 正しい手の洗い方を参考になさると良いと思います。
また、生ものの喫食は極力避け、食品の中心温度85℃で1分以上の加熱をしてください。

◇ 汚物(吐ぶつ・ふん便)の処理方法のポイント
・処理を行う時は、使い捨て手袋・マスク・エプロンを着用する。
・準備する物…ペーパータオル・ビニール袋・次亜塩素酸ナトリウム(家庭用 塩素系漂白剤でも可)
・十分に換気をする。
・汚物をペーパータオルで静かに拭き取り、ビニール袋に入れる。その時に、消毒液(0.1%の次亜塩素酸ナトリウム)をペーパータオルに染み込む程度入れ、しっかり口を締めて捨てる。
・汚物が付着した床やその周囲は、消毒液を浸したペーパータオル・ビニールをかぶせて30分間 消毒する。(汚物が乾燥すると飛沫感染の恐れがあります。)
注) 消毒した場所が漂白されることが あります。ご使用の際は、塩素系漂白剤の「使用上の注意」を お守りください。

◇ ペットボトルを使った消毒液の作り方 ◇

○ 準備する物
 ・家庭用 塩素系漂白剤
 ・よく洗浄したペットボトル 500ml・2L 各1本ずつ
 ・金属製ではない じょうご(金属は錆びたり、漂白作用が強くなったりするそうです。)
 ・水

◇ 汚物が付着した床・衣類・トイレ等の消毒…0.1%(1000ppmの消毒液)
 ・水を半分入れた500mlのペットボトルに漂白剤をペットボトルのキャップ2杯入れ、最後に水を加えて500mlにし、しっかり ふたをして よく振って混ぜ合わせる。
◇ 直接 手で触れる部分などの消毒(玩具・調理器具)…0.02%(200ppmの消毒液)
 ・水を半分入れた2Lのペットボトルに漂白剤をペットボトルのキャップ2杯入れ、最後に水を加えて2Lにし、しっかり ふたをして よく振って混ぜ合わせる。
※ 消毒液は、作り置きをすると効力がなくなります。2~3日で使い切ってください。
※ 消毒液が使えない場所や使えない物は、スチームアイロンや熱湯消毒(1分以上)も効果があるそうです。

ペットボトルのキャップが5mlとは、初めて知りました。便利ですね。でも、消毒液を作る時は、ビニールの手袋を着用してください。
※ ノロウイルスには、アルコール系や逆性石けんでの消毒は ほとんど効果が ありません。

今日は、予約が無く しおんは お休みとなりました。その お陰で講習会の報告の書き込みやノロウイルス・O157のパンフレット、保存版 防災マップなどを準備することが出来ました。会員・準会員の皆様の ご家庭へは火曜日から配布します。

banner_04.gif
今日は9位でした。いつも 応援クリックありがとうございます。上の緑色のバナーをポチッと お願いします。
【2007/12/22 23:16 】
健康・安全対策 | コメント(4) | トラックバック(0)
安全に過ごすために♪
今日は、13日に開かれた福岡市主催の研修会(養護・安全管理研修会・・・パートナー出席)の内容で、ご家庭でも注意して頂きたいことが ありましたので、私が以前 このブログに書き込んだ内容と一緒に まとめてみました。(勿論、しおんでも更に安全な環境作りをするため、一層 努力します。 )
一般負傷による年齢別救急搬送人員(平成18年・福岡市消防局調べ)は、65歳以上の約52%を除くと、次は0~9歳 約12%です。やはり小さな子ども達が搬送されることが一番多く、搬送理由は下記の通りです。

【不慮の事故】
・歩行器の段差による転倒・階段からの転落・切り傷、打撲、刺し傷・箸、フォークなどで目を突く・ケンカによる負傷・シュレッダーで手を挟む・ふわふわの布団による窒息・あめ、ゼリー、餅による窒息、誤飲(ボタン電池・3.2cm以下の小物・薬品・洗剤・化粧品・タバコ)とのことです。
誤飲は、5歳未満の お子さんに最も多く、タバコが原因です。「ご家庭では、部屋の中でタバコを吸わない。吸う時は、見えない所で(例えばベランダ)」と、昨年 市民公開講座で小児外科の先生から お話を聞きました。
他に危険なのがボタン電池です。保管場所には、気を付けましょう。
また、ピーナッツは気管支に入ることがあり、取る時にくずれることが あるので、小さな お子さんには出来るだけ与えない様にしましょう との事でした。

【溺死】
・風呂の浴槽への転落・風呂用の玩具、石けんなどで滑る・水たまりの事故・プール
お子さんは、10~20cmの水深で溺れることがあります。大人にとっては少しの水でも、お子さんの命を奪う可能性があることを いつも頭に入れておいた方が良いですね。

【熱傷】
・熱いミルクを飲ませた・熱い風呂・やかん、ポットの転倒・湯たんぽ(低温やけど)
ご家庭では、湯たんぽ・カイロ・ホットカーペット等での低温やけどに十分注意してください。低温やけどは、普通のやけどより温度が低い(42~44℃で6時間位)のですが、熱が体内にこもり、皮膚の深いところにダメージを与えます。患部は、流水で30分位冷やした後、専門医の診断を受けた方が安心ですね。
予防策としては、ホットカーペット・電気毛布・アンカ等の暖房器具は 長時間つけたままにしない(眠る前に暖め、眠る時には消すことを お勧めします。)ことですね。特に小さな お子さんは、痛みを訴えられないので、注意しましょう。

今週は、私が研修会に出席しますので、また 報告したいと思っています。

今日は、午後から 保育室の消耗品と食品を買うために天神~箱崎へ出掛けました。
DSCN 288
12月だと言うのに、まだ銀杏が こんなにキレイです。天神へ歩いて行く途中に撮りました。
DSCN 289
アクロスのクリスマスツリーです。ツリーが設置してある場所は、何と階段と踊り場です。2枚の写真が並んでいると、不思議な感じですよね。どちらも、今日の写真です。

banner_04.gif
いつも応援クリックありがとうございます。上の赤とオレンジ色のバナーをポチッと お願いします。
【2007/12/16 23:58 】
健康・安全対策 | コメント(4) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ