FC2ブログ
育児書
大きな書店へ足を運ぶと、育児書・子育て情報誌・保育の専門書の種類や数に驚きます。私は、どれにも興味があるので、役に立ちそうなもの・面白そうなものは購入して読むことにしています。読んで思うことは、同じ事を書いてあるはずなのに、違うのです。

例えば卒乳(又は断乳とも言います。赤ちゃんが母乳をやめることです。)一つにしても、私が以前このブログに書き込んだ母乳育児では、一人歩きが出来るようになって、確か季節も決まっていた(春か秋)と記憶しています。他の育児書では、9ヶ月頃と書いてありました。これでは、子育て中の方が迷ってしまっても不思議ではありません。

現代は核家族化や少子化が進み、身近で人の子育てを見ることもなく親になる場合が多いですから、育児書や子育て情報誌は欠かせません。でも、何冊も読めませんから、手にした本を基準にして、お子さんの成長に一喜一憂することも多いでしょう。いくら個人差があるとは分かっていても、月齢が同じ頃の お子さんと比較してしまいますよね。

子育てには、正解がないと聴いたことがあります。育児書に囚われず、たくさんの情報中から、家族にとって良いと思うものや合っているものを選んで頂けたらと思います。それと、比較は お子さんの昨日と今日でやってみてはいかがでしょうか。子ども達は、日々成長しています。昨日出来なかったことが、今日出来るようになったり、昨日より今日の体重が少しでも増えていたら、嬉しいですよね。日々の成長を喜べる子育て・・・素晴らしいと思います。

banner_02.gif
1クリックお願いします。m(_)m
【2005/07/24 23:51 】
子育て・健康 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<水 の 森 | ホーム | 暗  示>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://shionaster.blog6.fc2.com/tb.php/94-0bfdb4de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |