FC2ブログ
歯の話♪
年末休園3日目です。昨夜から やっと年賀状を書き始めました。片付けを続けながらなので、なかなか進みませんが、書き上げたハガキを夕方 中央郵便局で投函ました。
またまた大好きな100均で買い物、キッチン用品・子ども達がネックレスなどを作るビーズを購入しました。

今日は、福岡市の献立表から「歯の話♪」を書き込みます。
健康で豊かな食生活を送るためには、歯の健康を守ることが大切です。
乳歯は上下10本ずつ合計20本あります。まず、下の前歯が生後6~7か月頃から生え始め、2歳半~3歳頃で 10本生え揃います。乳歯をむし歯から守ることは、その後 生える永久歯を守ることにも繋がります。

むし歯のでき方
食事をすると、食べ物の中の糖質(特に砂糖)と口の中のミュータンス菌によって、歯垢(プラーク)がつくられます。歯垢は 水に溶けにくく、粘着性が強いため、うがいではとれません。放っておくと・・・歯垢の中のミュータンス菌が糖質を分解して酸をつくり、歯の成分のカルシウムやリンが溶け出します。(初期むし歯)
初期むし歯を そのままにしておくと、歯の成分が次々と溶け出し、歯に穴が開いてしまいます。

むし歯予防ポイント
★毎日のはみがきで しっかり歯垢を取り除きましょう
歯ブラシは、子ども用と仕上げ用の2本を準備して、永久歯が生え揃うまで保護者が仕上げみがきをしましょう。(寝る前は必ず)
歯と歯の間、歯と歯茎の境目は、むし歯ができやすいので、特に気をつけて みがきましょう。
★規則正しい食生活を 心がけましょう
おやつは、時間や量を決めましょう。特に甘いジュース・乳酸菌飲料・スポーツ飲料をダラダラ飲むことは むし歯の危険が高まります。あめ・チョコレート・ガム・キャラメルなどは、口の中に長く残るので気をつけましょう。
★定期的に歯科検診を受けましょう
かかりつけの歯科医院をつくり、家族で定期的に歯科検診を受けましょう。むし歯は感染症です。家族みんなで口の中を清潔に保ちましょう。

しおんには、毎月 福岡市から献立表が届きます。献立の他にも ためになることが書いてあり、私が読むだけでは勿体ないので、このブログを読んでくださっている皆様にも お伝えしています。


↑上の こたつバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2019/12/30 23:54 】
福岡市の献立表から
| ホーム |