FC2ブログ
節分と大豆について♪
今日は 節分ですね~。子ども達は、作った鬼の お面を被って ご家族と豆まきをしたことでしょう。

福岡市から頂く献立表には 毎月色々なことが書かれており、私が読むだけでは 勿体ないです。2月分は、節分と大豆について♪だったので 書き込みます。

節分では、「鬼はそと、福はうち」の掛け声を かけながら、1年を健康で過ごせるようにとの願いを込めて、炒った大豆をまきます。炒った大豆を使うのは、生の豆をまいた後に拾い忘れて、その豆から芽が出るのは良くないと言われているためです。
まいた豆を年の数だけ食べることで体が丈夫になり 風邪をひかないと言われています。

大豆は、「畑の肉」と言われる様に、良質な たんぱく質を多く含んでいます。栄養満点の大豆ですが、固いままでは お腹をこわすので食べられません。水洗いをした後、3倍量の水に一晩浸してもどします。翌日、火にかけ煮立ったら 煮汁をこぼし、新しい水を加えて、弱火で豆がやわらかくなるまで煮込みます。時間が無い時は、水煮の大豆を使うと便利です。(しおんでは、蒸し大豆を使っています。近くの お店にあった大豆が、生協で購入したことのある会社の製品で、とても美味しかったからです。サラダやカレー、ひじきの煮物にも入れています。)
節分の豆まきには、炒った大豆を使いますが、煮たり、蒸したりと様々な加工方法で食べられています。

☆大豆からできる食べ物☆
・きな粉・豆乳・豆腐・油揚げ・枝豆・納豆・味噌・醤油

今日は、午前中 洗濯を済ませた後、月に1度の買い出し。夕方近くから身体のメンテナンスを兼ねて天神で買い物、そんな1日でした。
夜は、豆まきしましたよ。でも、年の数は 食べていません。

人気ブログランキングへ
↑節分バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2018/02/03 23:56 】
福岡市の献立表から
| ホーム |