彼岸花と月下美人♪
今日は、バスに1時間揺られ、25分程歩き、お墓参りに行きました。
雨が降り始める前にバス停まで戻ることができ、ラッキーでした。
DSCN6159 (400x300)
あちこちに彼岸花が咲いています。
DSCN6166 (400x300)
彼岸花が1番似合うのは、田んぼの畦道だと思います。
彼岸花の別名は 曼珠沙華(マンジュシャゲ)、球根にはリコリンと呼ばれる毒があります。中国から入って来た彼岸花は、田んぼを野ネズミの害から守るために植えられたとか。球根の毒で野ネズミを・・・昔の人の知恵ですね。

暑い8月 全く花が咲かなかった月下美人が、9月に たくさんの蕾を付けました。その数20個程、大きくなる途中で いくつか落ち、 17個が この3日間で開きました。これは、1番数が多かった昨日の写真です。
DSCN6145 (400x300)
月下美人の原産地はメキシコ、クジャクサボテン科。夜に花が開き始め、朝には花がしぼむので、見ることが出来るのは一夜限りです。この花は、食べられるそうですよ。・・・と言っても、食べたことは ありません。
DSCN6148 (400x300)
昨夜、10個の花が開きました。一昨年が8個、昨年が9個でしたから、最多記録更新です。
1年に2~3回 花を咲かせてくれる月下美人、甘~い香りに包まれます。

明日は、4人が登園する予定です。


↑りんどうバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2016/09/22 23:23 】
植物のこと
| ホーム |