FC2ブログ
和久先生の講演会♪
3連休の中日、私は お付き合いのあるアリスの子ども部屋 代表のKさんから お誘い頂き、あいれふで開かれた和久先生の講演会♪に参加しました。

前回が2008年でしたから、8年振り3回目です。和久先生は、わくわく創造アトリエ代表主宰。しおんでも使っている童具(積木も その1つです。)を作られた方でもあります。
DSCN0552 (320x200)
先生の お話の中で、子育てに活かせることを書きます。・・・と言っても、先生の お言葉を100% 私が理解できている訳ではありませんが。

♪ 子どもの絵は、必ず良いところを見つけて褒める。
  ・子どもが また描きたいという気持ちにさせてあげる。描いたものを批判されると、描きたくなくなる。
  学校では、先生の美意識に合わせてしまい、つまらない絵になることがある。

♪ 脳を使うことは、人間の喜び
  ・「なんで?どうして?」必ず答えがあることを予感する。
  答えは1つではないことを遊びの中で見つける。

♪ 子ども達は、命がけで言葉を覚え、地位を獲得していく。
  子どもの言葉に耳を傾ける。

♪ 子どもが動く→新しいことに出会う。
  ・色々触って、働きかける。何かをやることによって、何かが起こる。
   振ったから音がする。投げたから転がる。
   子どもはの遊びは、学びと吸収。もっと知りたいと思う様になる。

♪ 子どもは、最初 数個の積木で繰り返し遊ぶ。
  大人は、子どもが何をしたいのかを読み取り、時期を見て積木を たくさん準備する。

♪ 「イヤ!」は、自分を守る宣言。

♪ 創造は、自分で得た色々な情報を繋ぎ合わせて関係づけること。柔らかい頭に。

♪ 好きなことに集中できることが大切。
  とことんやれる時間(1時間ではなく1日)→納得できるまでやる→質が高くなる→意欲が湧いてくる

♪ 子どもは、関心のあることを学ぶのが好き。好きなことは、集中できる。

保育室では 安全のこともありますので、子ども達が思いのままに動き続けることは出来ません。また、1日中 好きなことをさせてあげることも出来ません。でも ご家庭なら、お子さんの好きなことに たっぷり時間を使うことが出来ると思います。時には、お子さんの好きなことに とことん お付き合いしてあげてください。

講演会の後は、天神に寄って茶話会の買い物をしたり、1度戻って東区のディスカウントストアで月に1度の買い物もしました。明日は 3連休最終日、お墓参りをする予定です。

人気ブログランキングへ
↑桜バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
講演会の会場には、積木の作品がありました。
DSCN0554 (240x320)
わくわくさんの積木って、本当に素晴らしいと思います。
【2016/03/20 23:59 】
日々のこと
| ホーム |