節   分♪
天気予報通り 雨が降り始めた福岡です。
今日は、片付けや鬼の お面製作の準備・・・と言っても どんな鬼にしようか本を見たり、インターネットで検索しているだけで、まだ決まっていません。今週中には、製作を始めたいと思っています。

今日は、福岡市の献立表に書いてあることをアップしますね。節分♪のことです。

「節分」というと、2/3が思い浮かぶと思いますが、本来の「節分」は、季節の変わり目の事といい、立春・立夏・立秋・立冬の前日に当たります。季節を分けるという意味もあり、年4回あります。現在は 1年の始まりとしての立春の節分のみを表すようになりました。
節分では、「鬼はそと、福はうち」の掛け声をかけながら、1年を健康で過ごせる様にとの願いを込めて 炒った豆をまきます。
炒った大豆を使うのは、生の豆をまいた後に拾い忘れて、その豆から芽が出るのは 良くないと言われているためです。
まいた豆を年の数だけ食べることで体が丈夫になり、風邪を引かないと言われています。

~大豆について~
大豆は、「畑の肉」とも言われる様に、良質なたんぱく質を多く含んでいます。
水洗いした後、3倍量の水に一晩浸してもどします。翌日、火にかけ煮立ったら煮汁をこぼし、新しい水を加えて弱火で豆が軟らかくなるなるまで煮込みます。時間がない時には、水煮の大豆を使うと便利です。
節分の豆まきには、炒った大豆を使いますが、その他にも 煮たり、蒸したりと様々なものに加工され、食べられています。

☆大豆からできる食べ物☆
きな粉…大豆を炒ってから粉末にしたもの。
豆乳…大豆を煮た後に、砕いて絞った絞り汁。
豆腐…豆乳に にがりを加えて固めたもの。固め方によって絹ごし豆腐と木綿豆腐になります。
油揚げ…豆腐を切って水気を切り、油で揚げたもの。
枝豆…大豆になる前のもの。枝豆が成長し、乾燥させると大豆になります。
納豆…蒸した大豆に納豆菌を加えて発酵させたもの。
味噌…蒸した大豆に塩・麹(こうじ)を加えて熟成させたもの。
醤油…蒸した大豆に小麦・塩・麹(こうじ)を加えて熟成、ろ過したもの。

福岡市の献立表は、本当に勉強になります。私だけが読むのは勿体ないので、年に何回か書き込んでいるのですが、前回から1年近くが経っていました。

明日も 4人が登園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑傘バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2016/01/17 23:52 】
福岡市の献立表から
| ホーム |