風邪をひいた時の食事♪
日・月曜日が少し寒かったので、暖かく感じた福岡です。昨日、製作デーと書いていた通り、ブログをアップしてから 色画用紙などの工作グッズを準備して明け方まで頑張りました~。まだ完成まで至っていないので、この書き込みが終わってから もうひと頑張りします。
お昼過ぎに買い物と気分転換を兼ねて天神へ歩いて行きました。ついでに明日の食材も購入しました。クリスマスランチを作ります。

毎月 福岡市から送って頂いている献立表に、ためになることが書いてあるので、皆さんにも お伝えしますね。私が読むだけでは勿体ないです。
今日は、風邪をひいた時の食事♪です。
生後6か月から3歳くらいまでの子ども達は、最も抵抗力が弱く 注意が必要です。さっきまで元気に遊んでいたと思ったら、急に ぐったりするなど、急激な症状の変化が起こることもありますので、出来るだけ目を離さない様にしましょう。

【風邪の予防】
・うがいや手洗い
・1日3回のバランスのよい食事
・十分な睡眠と適度な運動
・室内の換気(適度な湿度)
・衣類の調節

風邪をひいてしまったら・・・栄養・保温・安静が鉄則です。
基礎体力をつけて回復を早めるために、栄養価の高いものを少量でもよいので、できるだけ食べるようにしましょう。

【発熱・寒気】水分とエネルギーを補給!
発熱すると 水分とエネルギーが たくさん消費されます。十分な水分とエネルギー源となる ごはんや麺類を摂りましょう。食欲がない時は、果物や甘い物で補給すると良いでしょう。
例:雑炊・煮込みうどん・スープなど

【鼻水・鼻づまり】発汗・体を温める作用のあるもの
鼻水・鼻づまりは 風邪の初期症状なので、汁物などの温かいもので体を温めましょう。
例:鍋料理・スープなど

【せき・喉の痛み】刺激の強いものは×
過敏になった喉を刺激しない様に 辛味や酸味の強いもの・塩辛いもの・熱いものは避けましょう。喉ごしのよいものでエネルギーを確保しましょう。
例:茶碗蒸し・ゼリー寄せ・アイスクリームなど

【下痢・吐き気】消化のよいもの
胃腸が弱っている時には 消化のよい お粥・食パン・豆腐などを摂るようにしましょう。繊維の多い野菜や油を多く含む料理は控えめにします。下痢気味の時は、水分とともにミネラルが失われるので、お粥やスープで補いましょう。
例:お粥・煮込みうどん・湯豆腐・スープなど

↑これを読んでいると、スープが色々出来ると良いですよね。近いうちに スープレシピを検索してみようと思います。

明日は、6人が登園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑上のブッシュドノエルバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2014/12/23 23:31 】
福岡市の献立表から
| ホーム |