カルシウムのこと♪
早朝は分からないのですが、天気予報がはずれ、時々 薄日が差す午後でした。今日は、作り物の仕上げや事務仕事を少々、そして 明日の食材の買い出しに行きました。バースデーランチを作るので、買い忘れが無いと良いのですが・・・大丈夫でしょう。多分。

今日は、カルシウムのこと♪について書き込みます。今回も、福岡市の献立表に書いてあることです。私が知るだけでは 勿体ないので~。

カルシウムは、丈夫な骨や歯を作るために欠かせない栄養素です。特に背が伸びて骨が育つ成長期にある子ども達にとっては とても大切です。一度に たくさん食べても吸収できる量は限られるので、毎日の食事にカルシウムを多く含む食品を取り入れて、コツコツ摂る様にしましょう。

【カルシウムを多く含まれる食品】
 乳製品…牛乳・チーズ・ヨーグルト
 大豆製品…豆腐など
 海藻・骨まで食べられるような小魚類・青菜
 
カルシウムは、吸収されにくい栄養素で、その吸収率は牛乳の40%が最高と言われており、牛乳>小魚>青菜と低くなっていきます。日頃の食生活の中で十分な量が摂取できるよう心がけましょう。

【カルシウム吸収率アップのポイント】
◎ビタミンDを多く含む食品を食べましょう
 ビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にする働きがあります。
 ビタミンDは、鮭・鮪・鰹・鰯・鯖などの青魚、乾し椎茸や木耳などに多く含まれます。
◎リンの摂り過ぎに気をつけましょう
 リンも骨や歯の成分として欠かせないミネラルですが、摂り過ぎるとカルシウムの吸収を妨げてしまいます。
 スナック菓子・インスタント食品・ハムやソーセージ・練り製品・清涼飲料水などには、リンを含む食品添加物が使用されているため、摂り過ぎない様に気をつけましょう。
◎体を動かして遊びましょう
 運動して骨に力がかかると、骨を形成する細胞の働きが活発になり、カルシウムが骨に取り込まれやすくなり、骨を丈夫にします。また、太陽の光に含まれる紫外線の刺激によって、皮膚でビタミンDが作られるため、外遊びも大切です。

※ 1日に必要なカルシウム量…3歳未満児400mg・3歳以上児600mg

明日は、7人が登園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑金魚鉢バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2014/08/24 23:52 】
福岡市の献立表から
| ホーム |