PM2.5(微小粒子状物質)とは…
今日の8時過ぎに福岡市環境局から1枚のFAXが届きました。日曜日なのに何故?と思い 見てみると、「福岡地域内の糸島測定局において、PM2.5の日平均値が70μg/㎥を超えると予想されたため、注意喚起を行っています」とのこと。糸島測定局4~6時の数値が94・114・112だったのです。・・・が、しおんが基準にしている天神と西新の測定局の最高は 50と48で、最悪の数値ではなく、福岡市内の94の小学校で 運動会が予定通り行われた様です。

PM2.5(微小粒子状物質)とは…大気中に浮遊する粒子状物質で、粒径2.5マイクロメートル(μg)以下の小さなものをいいます。
石炭や石油を燃やした時の排気ガスなどから発生しますが、黄砂や海の塩でも濃度が上昇します。
PM2.5 は 粒子が小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、肺がんや呼吸器系への影響に加え、循環器系への影響も懸念されています。

PM2.5の環境基準…環境基本法により、人の健康を保護し生活環境を保全するうえで維持されていることが望ましい基準として環境基準が定められています。環境基準を超えたからといってすぐに健康影響があるわけではありませんが、呼吸器系などの疾患を お持ちの方は注意が必要です。(1年平均値 15μg/㎥以下 かつ1日平均値 35μg/㎥以下) 

PM2.5濃度の高くなる時期…年間を通して観測されていますが、福岡市における環境基準を超過した日数は5月頃を中心に多くなっています。(一番良い季節なのに、外へ出られない日が増えている しおんですが、先々子ども達に何かあってはいけませんから 室内遊びが増えても仕方がないと思っています。

【1日平均値 35μg/㎥以上の行動のめやす】
・外出するときは、マスク等を着用しましょう。
・外出から帰ったら、目を洗い、うがいをしましょう。
・空気の入れ替えは控えましょう。
・車の運転時は窓を閉めるようにしましょう。

以上のことは、4月末に福岡市から送られてきた資料より書き込みました。最近、外出すると目や喉が変な感じです。これも影響かも知れない・・・と思う今日この頃です。

明日は、5人が登園する予定です。
私は、午後から福岡市主催の研修会に参加します。

人気ブログランキングへ
↑四つ葉のクローバーのバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2014/06/01 23:50 】
健康・安全対策
| ホーム |