FC2ブログ
ノロウイルス
この数日、浜松市でのノロウイルス集団感染のことが 報じられています。食品は、しっかり加熱をすれば大丈夫なはずなのに、何故 食パンが原因になったのだろうと不思議に思っていたのですが、検品のために1枚ずつ手に取っていたとのこと、やっと理解できました。

ノロウイルスは、感染力が強く微量のウイルス(10~100個)で感染します。感染性胃腸炎のウイルスの1つとして知られ、感染者の嘔吐物や便に大量のウイルスが含まれているので(30~40時間後の1回の便には約1億個のウイルスが あると言われています。)、それを介して広がることがあります。嘔吐・下痢等の症状が無くなっても、30日位 便にウイルスが出る可能性がありますので、処理には十分注意しなければなりません。

予防対策としては、正しく手を洗うこと、食べ物を しっかり加熱することが1番大切です。(食品の中心温度85℃で1分以上)

◇ 汚物(嘔吐物・便)の処理方法のポイント
・処理を行う時は、使い捨て手袋・マスク・エプロンを着用する。
・準備する物…ペーパータオル・ビニール袋・次亜塩素酸ナトリウムを希釈して作った消毒液(家庭用 塩素系漂白剤でも可)
・十分に換気をする。
・汚物をペーパータオルで静かに拭き取り、ビニール袋に入れる。その時に、消毒液(0.1%の次亜塩素酸ナトリウム)をペーパータオルに染み込む程度入れ、しっかり口を締めて捨てる。
・汚物が付着した床やその周囲は、消毒液を浸したペーパータオル・ビニールをかぶせて30分間 消毒する。(汚物が乾燥して空気中に浮遊し、これを吸引した場合は 飛沫感染の恐れがあります。)
注) 消毒した場所が漂白されることが あります。ご使用の際は、塩素系漂白剤の「使用上の注意」を お守りください。

◇ 消毒時の注意
・ドアノブ・手すり・水道の蛇口等は、0.02%の次亜塩素酸ナトリウムで消毒しますが、金属を腐食させてしまうので しっかり拭き取りましょう。

◇ 消毒液の作り方
・0.1%の消毒液…500mlの水と塩素系漂白剤(原液濃度 約5%)をペットボトルのキャップ2杯
・0.02%の消毒液…2Lの水と塩素系漂白剤(原液濃度 約5%)をペットボトルのキャップ2杯
※ よく洗ったペットボトルに水を半分程入れ、漂白剤を10ml(キャップ1杯が5ml)加えます。最後に水を入れ しっかり蓋をして振って混ぜ合わせてください。
※ 消毒液は、作り置きをすると効力がなくなります。2~3日で使い切ってください。
※ 有毒な塩素ガスが発生しますので、酸性のものと絶対に混ぜてはいけません。

冬に 私が怖いと思っているウイルスの1つが、ノロです。今年も ノロのニュースに怯えながら 春を待つことになるでしょう。本当に怖いです。

今日は、洗濯・買い物・掃除などの開園準備で1日を ほぼ終えました。
P1030738.jpg
2週間限定!コルクボードを豆まきにしました。鬼の お面作りは、明日で最後になります。
9人が登園する予定です。賑やかな1日となることでしょう。

人気ブログランキングへ
↑節分バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2014/01/19 23:56 】
子育て・健康
| ホーム |