FC2ブログ
正しい体温の測り方♪
昨夜は、同級生と9か月振りに会いました。(パートナーの元上司でもあります。)長い間 認可保育園の主任をしていて、同じ年ながら尊敬しています。しおんを開園する時も、随分 お世話になりました。
彼女は とても忙しい人なので、年1回のペースで会うという感じですが、不思議と前回の続きの様に会話は弾みます。今回も近況報告や情報交換(・・・と言っても、私が情報を貰う方が多いです。)、気づくと4時間半が アッと言う間に過ぎていました。
今回は、8月に受けた衛生点検で「今まで聞いたことと違う。どちらが本当?」と疑問に思ったことを確認してみました。認可保育園の様には出来ないところも たくさんありますが、衛生面など少しでも近づきたいと思っています。

今日は、お買い物デーでした。まずは、近所の お店で お米・調味料など重たい物を中心に購入、その後は バスを乗り継いで赤ちゃん本舗へ。開園当初は 地下鉄1本で行けたのですが、移転してからは年に2~3回しか行けません。目的は、日々使っている流せる赤ちゃん本舗オリジナルの お尻拭き(大きくて使い易く お気に入りでした。)だったのですが・・・ありませんでした。せっかく行ったので、それに替わる物を1箱購入しました。お尻拭きやウェットティッシュは、重たいです。
帰りは 西新に寄り、欲しい物は 全部揃いました。

・・・と、私の1日のことばかり書いても仕方が無いので、先日 パートナーが研修会で聞いてきた情報を少し書き込みます。
今日は、正しい体温の測り方♪です。
ワキを しっかり閉じることによって安定した平衡温(へいこうおん)に近づきます。
体温計は、ワキのくぼみの真ん中を目で見て確認にて差し込みます。差し込む角度は体軸に対して45度(インターネットでは30度~)です。体温計が上を向いていては(数値が見える状態)正しく測れません。
実測式では10分間、予測式では電子音が鳴るまで動かない。動かない様に腕をしっかり押さえます。
【注意事項】
◇ ワキが汗で濡れている状態では測定しない
◇ ワキに はさむ前に、感温部を他の体の部分に当てない
◇ ワキに はさむ前または、はさんでいる間に感温部に衣類を触れさせない
◇ ワキに はさんでいる時、体温計を動かさない
◇ ワキに はさみなおさない
◆ 途中で体温計を出したら やり直す
◆ 繰り返し計る場合は、少し時間を空ける(予測式体温計)
  ◆は、インターネットからの情報です。
お役に立てたら嬉しいです。

人気ブログランキングへ
↑ぶどうバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2013/09/15 23:58 】
日々のこと
| ホーム |