FC2ブログ
冬の必需品♪
昨日、今日と最高気温が10℃を超えた福岡です。風が無く、日差しがあると暖かく感じることも。
洗濯を済ませた後、午後から西新へ行きました。天神の100均では 見つけられなかった物があったのです。購入したのは、最近 破れてしまった指はさみ防止バーと使い捨ての長袖エプロン(予備)です。

指はさみ防止バーは 子ども達がドアで指をはさまないため・・・これは お分かりですよね。
使い捨てのエプロンは しおんの冬の必需品♪の1つ、100均で これを見つけた時は 嬉しかったです。105円では無いと思っていましたから~。
何に使うかと言いますと、非常時のためです。他には、使い捨て手袋・マスク・次亜塩素酸ナトリウム(家庭用 塩素系漂白剤でも可)・ペーパータオル・ビニール袋を多めに準備しています。

冬になると 私は いつもドキドキしています。それは 4年前、一時保育で お預かりした お子さんが嘔吐し、その後 休園したことがあったからです。その頃、まだ正しい処理が出来ておらず(消毒液で拭きましたが、ビニールをかぶせて30分間おいていません。)、もしノロウイルスだったら もっと大変なことになっていたのかも知れません。(嘔吐下痢症の原因の多くは、ロタウイルス・アデノウイルスの場合もあります。)

◇ 汚物(嘔吐物・便)の処理方法のポイント
・処理を行う時は、使い捨てエプロン・手袋・マスクを着用する。
・準備する物…ペーパータオル・ビニール袋・次亜塩素酸ナトリウム(家庭用 塩素系漂白剤でも可)
・十分に換気をする。
・汚物をペーパータオルで静かに拭き取り、ビニール袋に入れる。その時に、消毒液(0.1%の次亜塩素酸ナトリウム)をペーパータオルに染み込む程度入れ、しっかり口を締めて捨てる。
・汚物が付着した床やその周囲は、消毒液を浸したペーパータオル・ビニールをかぶせて30分間 消毒する。(汚物が乾燥して空気中に浮遊し、これを吸引した場合は 飛沫感染の恐れがあります。)
注) 消毒した場所が漂白されることが あります。ご使用の際は、塩素系漂白剤の「使用上の注意」を お守りください。

◇ ペットボトルを使った消毒液の作り方 ◇
○ 準備する物
 ・家庭用 塩素系漂白剤
 ・よく洗浄したペットボトル 500ml・2L 各1本ずつ
 ・金属製ではない じょうご(金属は錆びたり、漂白作用が強くなったりするそうです。)
 ・水
◇ 汚物が付着した床・衣類・トイレ等の消毒…0.1%(1000ppmの消毒液)
 ・水を半分入れた500mlのペットボトルに漂白剤をペットボトルのキャップ2杯入れ(キャップ1杯が5ml)、最後に水を加えて500mlにし、しっかり ふたをして よく振って混ぜ合わせる。
◇ 直接 手で触れる部分などの消毒(玩具・調理器具)…0.02%(200ppmの消毒液)
 ・水を半分入れた2Lのペットボトルに漂白剤をペットボトルのキャップ2杯入れ、最後に水を加えて2Lにし、しっかり ふたをして よく振って混ぜ合わせる。
※ 消毒液は、作り置きをすると効力がなくなります。2~3日で使い切ってください。
※ 消毒液が使えない場所や使えない物は、スチームアイロンや熱湯消毒(1分以上)も効果があるそうです。
※ ノロウイルスには、アルコール系や逆性石けんでの消毒は ほとんど効果が ありません。

今年も 無事に春を迎えられます様に。

人気ブログランキングへ
↑雪だるまバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2012/01/08 23:51 】
子育て・健康
| ホーム |