FC2ブログ
母の餃子♪
冬になり 白菜が美味しい季節になると、母が餃子を作ってくれます。それは、私が子どもの頃からの話です。aster家では、餃子の日 他に食べ物がありません。ひたすら餃子だけを お腹いっぱい食べるのです。(笑)
昔の餃子作りは 1日仕事で、朝早くから準備を始めて、夜 食べるという感じでした。今は、便利ですよね~。フードプロセッサを使って、白菜や玉葱を みじん切りにするので、数時間で準備が出来ます。

今日は、夜 お客様を お迎えすることになっていたので、母と一緒に餃子を作りました。(と言いますか、私は助手です。)皮のタネは、前日 母が捏ねて冷蔵庫で寝かせています。そう、皮から作るのが 母の餃子♪なのです。
みじん切りにした白菜と玉葱に塩をして、水分を絞ります。そこに小さく切ったニラ・ニンニク・豚挽肉を加え、醤油・サラダ油で味付けます。(具の作り方は、どこの ご家庭でも変わらないと思うのですが。)
DSCN 6197DSCN 6196
これが焼き上がりの餃子です。14回以上焼きましたよ。(小さめの餃子が350個以上です。)お客様にも大好評で、「テイクアウトしたい♪」と ご希望があった位です。

私は、つい最近まで餃子の作り方を覚える気持ちが全く無かったのですが(母の味を再現できる訳が無いと言う理由から。)、助手をする機会が だんだん増えてきました。皮をのばしたり、具を包むことは、上手くなりましたよ。子どもの頃 出来なかったのは、手が小さかったからだったんだ~と言う気付きもあります。(母は、大連の引揚者ですから、本場の味に近いと思います。)来年は、皮作りに挑戦してしまったりして・・・と思うことがあります。
餃子だけで お腹いっぱいにする ご家庭は少ないと思います。子どもの頃は、それ程 嬉しくなかったのですが、ビールを美味しく感じる様になって、好きになりました。(笑)
お客様に喜んで頂けて、餃子作りの助手を頑張った甲斐がありました。餃子をエネルギーに明日は、仕事を頑張りたいと思います。

人気ブログランキングへ
↑上のクリスマスバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2009/12/12 23:55 】
私のお気に入り | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |