FC2ブログ
『今、こどもたちは』 ~その3~
日曜日に参加した子育て講演会の記事も、今日で3日目に なります。今まで講座・講演会・研修の報告を、何度か書き込んで来ましたが、3回に渡るのは初めてです。約3時間の講演会で得たものが、いかに大きかったかを思い知りました。三輪先生との出会いに、感謝です。

まずは、テレビの話。毎日新聞のスクラップを示しながら、日本小児科学会がテレビを見過ぎている2歳以下の子ども達に、言葉の発達の遅れがあると発表したことを 話してくださいました。(2歳までは、テレビを見せない方が良いそうです。)
ヨーロッパの方では、3害(酒・タバコ・テレビ)の中に入っているのに、「日本では何故だろう」と、おっしゃっていましたよ。
小学生4~6年生の授業時間は、1授業時間45分を時間に直すと1年間に725時間。その時間は、全教科・学校行事などが含まれています。1日2時間 毎日(365日)テレビを見たとしたら、どうなりますか?730時間、授業より多い時間 テレビを見ていることになります。もし、1日2時間以上だったら・・・、恐くなりました。本当に、活字に触れる時間など ありませんよね。

子どもの心の5つの特徴
1.子どもは、能動的存在である。
2.子どもは、未来に向かって生きている。
3.子どもは、自信家である。(自尊心を持っている。)
4.子どもは、仲間を求めている。
5.子どもは、個性的な存在である。

5の個性的な存在・・・と言う お話の中で、子どもはオンリーワンを目指していると言っておられました。だから、兄弟・クラスなどで、比べられることを嫌うと。
オンリーワンと言えば思い出すのが、SMAPが歌うの楽曲「世界に一つだけの花」ですよね。私が心理学講座で勉強していた頃も、この歌は素晴らしいと よく出てきました。三輪先生は、「この曲には弱点がある」と。「エッ、じゃくてん」今まで聞いたことも ありませんでしたから、ちょっと驚きでした。「この曲は、集団の中のオンリーワンではないから」との理由でした。この点に関しては、今ひとつ理解できていません。来年、機会が あったら質問してみたいと思います。

アフリカの子どもの夢「5歳まで生きること」、日本の中学生の夢「コンビニでアルバイトをすること」・・・何だか とても悲しいです。心理学講座で教わりました。「他人と過去は変えられない。変えられるのは、自分と未来だけ。」自分が変わることで、何かが変わるのかも知れません。私達が子ども達に出来ること、まだまだ たくさん あるはずです。

三輪先生の講演会の報告を、多くの方に読んで頂き、本当に嬉しく思っています。ありがとうございました。

banner_03.gif
1クリックお願いします♪
【2006/05/30 23:42 】
子育て・健康 | コメント(10) | トラックバック(0)
| ホーム |