FC2ブログ
『今、こどもたちは』 ~その1~
今日は予定通り 休日保育の後、子育て講演会に行って来ました。主催は、わくわく創造アトリエ 大濠公園プレイルームを なさっているKさんの もう一つの お仕事あるアリスチャイルドケアサービス(ベビーシッターの会社です。)です。16周年 記念講演会でした。

講師は、横浜市で38年間 小学校教師を最後まで現場で勤められ、この3月に退職なさった三輪 睦雄 先生でした。現在は、児童相談所に お勤めです。
いらっしゃるのですね、こんなに素晴らしい先生が。まだまだ日本も捨てたものじゃない と思うと同時に、三輪先生に受け持って頂いた子ども達は幸せだろうな~と思ってしまいました。最後に担任したクラス 3年生の子ども達から手作りの卒業証書を貰ったと見せてくださいました。確か「10年後には、一緒に お酒を飲みましょう。」と、書いてあったと思います。そうそう先生は、子ども達が20歳になった時、全員に手紙を出して おられるそうです。学級通信(B4判)を毎日発行しながら築き上げられた素晴らしい信頼関係は、大きな絆となって子ども達や保護者を つないでいる様です。(先生には学校に残って欲しいと、署名活動まで起こったそうですよ。)

三輪先生は新聞をスクラップし、それを参考に色々お話ししてくださいました。最近、子ども達が犠牲になる事件が多いですよね。
社会が追いつめられた時、子ども達が代償になる。昔は、子ども同士・家族同士・我が子を殺す事件など 無かったと。事件を起こした子どもの多くは、おとなしくて 真面目、手のかからない子・・・それは、良い子を演じ続けているから。大人は、世の中の動きを見て子どもを捉えて欲しい。子ども達、一人一人は限りなく良い子なのだから。
家庭が崩壊すると子どもが崩れる。子どもにとって家庭は、大切な居場所。親が子どもの目線に立つ。(共感)忙しさを理由に逃げては いけない。
私は この様に先生の お話を受け止めたのですが、違っているかも知れません。そこのところは、ご了承ください。

色々な説や意見も ある様ですが、ゲーム脳についての お話が ありました。今、小学生に増えているそうです。主な症状としては、すぐにキレる、勉強に集中できない、忘れっぽいの3つだそうです。ゲームをしている時には、前頭葉(物事を考えるところ)に血流が ありませんが、読書をしている時の脳は、全体に血流しているそうです。もしゲームを30分するのなら、その3倍の1時間30分、読書をしたり有酸素運動を しなければ元に戻らないと、コワイ お話を聞きました。
DSC02956.jpg
今日は、この3冊の本を購入しました。3冊とも、サインを頂いたのです。頑張って読んでみます。
もしかしたら、明日・明後日と講演会の記事が続くかも知れません。5ページ程 ノートに書き込んで来たのですが、どれも大切なので、出来るだけ皆さんに お伝えしたいと思います。どうか、お付き合いくださいね。

banner_02.gif
1クリックお願いします♪
【2006/05/28 23:26 】
子育て・健康 | コメント(18) | トラックバック(0)
| ホーム |