FC2ブログ
研修会 ~紫外線と子どもの健康~後編
昨日の予告通り、今日は研修会報告の続きを書き込みます。
40年前の気温と今の気温、どの位 高くなっているか ご存知ですか?0.8℃だそうです。体感温度は、1~5℃上昇しているとか。水温も高くなり、シンガポールの魚が天草に生息していると聞き、驚きました。温暖化対策をしなければ、2100年までに気温が6.8℃上昇するそうです。

「過度な日焼けは将来皮膚ガンに つながる」ことは、世界の常識に なろうとしているそうです。そのことからも、無意味な日焼けを避ける習慣を身に付けること、紫外線の多い時(季節や時間)を理解する様に とのことでした。(昨日、季節・時間帯に ついて書き込んでいます。)
ほくろの多い人・日焼けすると赤くなる人は、紫外線に弱いですから、十分気を付けてくださいね。
ほくろは、丸くて輪郭が はっきりしているものは心配ありませんが、ギザギザしていて いたり、輪郭が ぼやけているものは 気を付けてください。
皮膚ガンは、肌の変化をチェックし早期発見をすれば治療もすぐ出来る。顔(頬・唇・鼻)、耳、手の甲など日に よく当たるところに出来る。・・・紫外線教育研究所の資料より

夏になると海や山に出掛ける方、多いですよね。水面の紫外線反射強度や高い場所の方が紫外線が強いことを理解しましょう。(肩や背中を守る水着・紫外線対応の衣類選びの習慣を身に付ける。)
また、抗酸化食品を意識的に摂る習慣を つけましょう。(ビタミンC・E・緑茶・紅茶・大豆など)
強い日焼けをしたら、必ず専門医に診てもらいましょう。

以上が、昨日の研修で 紫外線教育研究所 柴田 英俊 先生から お聞きした話の内容の一部です。私の頭やノートに残っていることを書き込みました。皆さんの お役に立てると嬉しいです。私も、紫外線のことを、もっと勉強しなければと思いました。
紫外線教育研究所HP

banner_02.gif
1クリックお願いします♪いつも、応援クリックありがとうございます。
【2006/05/26 23:56 】
子育て・健康 | コメント(18) | トラックバック(0)
| ホーム |