FC2ブログ
市民公開講座~前編~
今日は、午後から市民公開講座に行って来ました。これは、市役所からの研修会 開催の案内と一緒に参考にと 書き込まれていた講座です。パートナーと話をして、時間が とれる時は お互いに勉強しようということになりました。今のところ、私の方が時間が とりやすいので、今月は いくつか講演会や研修会、そして久々に心理学講座の再受講を する予定です。

長くなりそうなので、2日間で公開講座の報告をします。
DSC02888.jpg
これが、テーマです。まず、私が全く知らなかったのが、小児外科の存在でした。お恥ずかしい。でも、小児外科の先生は、大きな病院にしか いらっしゃらないのですね。福岡市では、九大病院・福大病院・国立医療センター・こども病院だそうです。この病院の小児外科の先生方4名が、学会の合間に お話をしてくださいました。

最初は、小児外科で最も多く扱う鼠径(そけい)ヘルニアと陰嚢(いんのう)水腫の お話でした。
鼠径ヘルニアは、脱腸と言われると よく分かりますよね。腹膜の袋に腸や卵巣が脱出して、鼠径部が ふくらむ病気です。何枚もスライド写真を見ることが出来ました。男の子の方が、分かりやすいです。脱出した腸や卵巣が戻らなくなると、嵌頓(かんとん)と言う状態になり、そのまま放置すると、腸に血液が いかなくなり、壊死するそうです。恐いですね。嵌頓を起こすと手術になりますので、お子さんの鼠径部から男の子であれば陰嚢が 腫れていると思ったら、一度 かかりつけの小児科へ 行ってください。
一見 鼠径ヘルニアと似ている陰嚢水腫は、男の子の方に多い病気ですが、無症状で本人も元気で痛くないそうです。自然に小さくなることが多いとのことですが、大きさが変わらない場合は手術を するそうです。

二番目は、子どもの事故(外傷・熱傷・異物誤飲)の お話でした。
外傷・・・乳幼児(3歳以下)の事故の多くは家庭内で起こります。そうですよね、この時期は 家庭で過ごすことが一番多いですから。
1~3歳までは頭の怪我が多いです。頭が重いので、バランスを失い転ぶこと ありますよね。先生が おっしゃるには、子どもから決して目を離さないこと、確かにそうです。
熱傷・・・0~9歳の子どもに多いそうです。例えば みそ汁・ラーメンの汁など。小さな子どもは、食事中に気を付けるように とのことです。
もし、熱傷に なってしまったら
・ 流水で最低5分以上冷やす(熱さや痛みが 分からない位冷やす)
・ 衣服の上からの熱傷は、衣服の上から冷やす(脱がさないこと)
・ 水ぶくれは そのままに しておく
※ アロエは、場合によっては細菌感染を起こすことが あるので、使わない方が良い。
誤飲・・・5歳未満の子どもに最も多く、タバコが多い。
小さな お子さんがいる家庭では、部屋の中でタバコを吸わない。吸う時は、見えない所で(例えばベランダ・・・ホタル族)と、先生が言っておられました。
他に危険なのがボタン電池です。保管場所には、気を付けましょう。
また、ピーナッツは気管支に入ることがあり、取る時にくずれることが あるので、小さな お子さんには出来るだけ与えない様にしましょう との事でした。

昨年の夏、誤飲については中毒110番と言うタイトルで、私も記事を書き込んでいます。お時間が ある方、読んでくださいね。役に立たない方が良いのですが、もしもの時に役に立つかも知れません。

banner_03.gif
1クリックお願いします♪
【2006/05/20 23:15 】
子育て・健康 | コメント(14) | トラックバック(0)
| ホーム |