FC2ブログ
五節句と食べ物
保育室しおん では、節句などの日本の文化も子ども達に伝えて いきたいと思っています。今日も、食育講座でパートナーが勉強してきたことを中心に書き込んで いきます。

奇数は、おめでたい数字です。タイトルに なっている五節句(ごせっく)も、奇数が重なる日が選ばれているそうです。1月だけは1日ではなく、7日(やはり これも奇数ですね。)が入っています。

【1/7 人日(じんじつ)の節句】
一年の豊作と無病息災を願いながら、七草粥を食べる日です。これは、皆さん ご存知ですよね。七草は、せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ ですね。すずな→かぶ・すずしろ→大根 でも大丈夫です。
七草粥は江戸時代に定着し、現在では お正月に疲れた胃腸を いたわる優しい食べ物です。

【3/3 上巳(じょうし)の節句】
桃の節句(ひな祭り)と言う方が、分かりやすいですね。桃の節句の食べ物と言えば、
・五目ずし(この時期だけは、ちらしずし とは言いません。やはり五、奇数ですね。)
・蛤(はまぐり)の うしお汁(蛤は、貝を二つに離すと、他の貝のフタでは絶対に合いません。これは、女性の貞操を教える意味があります。結婚の縁起物としても使われていますよね。)
・菱餅(ひしもち)三色の お餅が重なっています。緑の上に白い雪、その上には桃の花の桃色。こんな順番が あったのですね。

【5/5 端午(たんご)の節句】
皆さんが よく ご存知の男の子の節句ですね。菖蒲は、香りの強い植物ですから、菖蒲湯に入ることは、厄払いの意味が あるとのことです。菖蒲は、尚武や勝負の意味も かけられているとか。
端午の節句の食べ物と言えば
・柏餅(柏の葉は、次の新しい葉が出るまで古い葉を落とさないことから、子孫繁栄の縁起物と されている様です。)

【7/7 七夕(しちせき)の節句】
これも、皆さんが ご存知の七夕です。織り姫と彦星が一年に一度 会える・・・、そんな伝説ですね。願い事を書いた短冊を竹に結んだのは、いつが最後だったでしょうか?七夕の食べ物・・・、全く知りませんでした。
・索餅(さくべい)と呼ばれる中国のお菓子です。参考にさせて頂いたHPには、素麺の元と なったと書いて ありました。今では、素麺を天の川に見立てて食べるそうです。これは、保育室でも献立に取り入れたいと思います。

【9/9 重陽(ちょうよう)の節句】
奇数の中で、最も大きな数字が重なっており、長寿を祈る日だそうです。
・菊花酒(菊の花を浮かべた お酒。菊は、長生きする効能が あると信じられて いました。)
・栗ご飯(栗の節句とも言われるからでしょう。)や お赤飯で節句を祝います。

昔は一年を24等分して、二十四節気(にじゅうしせっき)と言い、1ヶ月に2回は その季節の旬の物を食べていたそうです。昔の人は、旬の食材を よく食べていたのですね。見習わなければ、と思います。

参考に させて頂いたHPは、日本文化いろは事典です。
とても、勉強に なりますよ。

banner_04.gif
1クリックお願いします♪
【2006/02/01 23:53 】
子育て・健康 | コメント(16) | トラックバック(0)
| ホーム |