FC2ブログ
この冬を安全に過ごすために
寒い日が続いていますね。保育室では、加湿機が 一日中動いています。湿度55~65%を目標にしていますが、空気の入れ換えをすると、40%台後半まで落ち込みます。外は、かなり乾燥しているようです。目標湿度に戻った頃、暖房器具を入れるのですが、これで また湿度は落ち込みます。ガスファンヒーターで少し暖めた後、エアコンとオイルヒーターに切り替えますが、50%台前半を維持するのが やっとです。今日は、保育室に濡れたバスタオル・タオルなどを数枚掛けて、何とか55%に保つことが出来ました。

冬は、やけどに注意しましょう。暖房器具には柵をして、子ども達が触れない様にします。これは、殆どの ご家庭で既に柵を設置なさっていると思います。
保育室で柵を設置してからの事ですが、子ども達は嬉しそうにオモチャを柵の中に押し込んだり落として遊びます。自分で入れて、手を伸ばすことがあるので、気を付けましょう。
ご家庭では、湯たんぽ・カイロ・ホットカーペット等での低温やけどに十分注意してください。低温やけどは、普通のやけどより温度が低い(42~44℃で6時間位)のですが、熱が体内にこもり、皮膚の深いところにダメージを与えます。患部は、流水で30分位冷やした後、専門医の診断を受けた方が安心ですね。
予防策としては、ホットカーペット・電気毛布・アンカ等の暖房器具は 長時間つけたままにしない(眠る前に暖め、眠る時には消すことを お勧めします。)ことですね。特に 小さな子ども達は、痛みを訴えられないので、注意しましょう。

この冬を、病気やケガをすることなく、元気で過ごしたいものですね。

banner_02.gif
1クリックお願いします♪
【2005/12/09 23:53 】
健康・安全対策 | コメント(14) | トラックバック(0)
| ホーム |