FC2ブログ
おひさまのいえ レポート
今日も、美野島商店街へ行って参りました。日曜日は お休みする お店もあり寂しかったのですが、月曜日と言うこともあり活気が戻っていました。
この2日間は、イベント中 お店でボランティアスタッフを なさっている方の お子さんや、日頃から「おひさまのいえ」を ご利用になっている お子さんがほとんどでしたが、今日は 見学の方があったり、託児初体験の お子さんが2名来られ、にぎやかな一時でした。

1歳半の お子さんは、最初 楽しそうに遊んでいたのですが、人見知り 真っ最中の赤ちゃんの登場で、つられ泣きです。これは、仕方ないですね。
赤ちゃんは、初めての場所で、初めて会った人に抱かれるのですから、泣いて当たり前です。それも成長している証拠ですから、微笑ましいです。色々と話しかけながら、お母様の帰りを待ちました。抱かれることに、抵抗が無いことだけが救いです。でも、ずっと泣いている訳では ありません。テラスに出たり、ぬいぐるみを見せたりすると、泣きやむ時間が少しだけあります。
お母様が お迎えに来られても、少し興奮気味の赤ちゃん。お母様は、その後 しばらく「おひさまのいえ」で過ごされました。代表のNさんと おしゃべり、これが大切なのです。お母様とIさんとの会話の様子を、赤ちゃんは見ていたと思います。こんな時間を重ねながら、お母様と話している人=安心出来る人に なっていくのです。

その後 私は、もう一人の泣いている お子さんを連れ、外へ出ました。「おひさまのいえ」の前の道を行ったり来たりして、お母様の帰りを待ちました。外へ出ると、気分転換が出来ます。お迎えの時には、涙は すっかり乾いていましたよ。お子さんが泣いている時に「お迎え」と言う最悪の状況に ならず、ホッとしました。(次回の利用を考える時、これが不安の材料になりますから。)

お子様を初めて親戚の家以外に預けることは、お母様に とっては不安な ことでしょう。でも、回数を重ねる度に、泣く時間は どんどん減っていくのです。お子さんは、たくましく成長します。
「お外に出ようプロジェクトin美野島」(~11/13)は、託児初体験の良い機会だと思います。美野島商店街を楽しむために、「お子様お預かりサービス」を是非 ご利用ください。(実施時間 13:00~16:00・1時間 無料)
私も時間が許す限り、お手伝いに行く予定です。お会いできるかも、知れませんね。

banner_03.gif
1クリックお願いします♪
【2005/10/31 22:52 】
子育て・健康 | コメント(14) | トラックバック(0)
| ホーム |