子どもの おやつ(間食)♪
年末休園2日目です。今日は 洗濯を済ませた後、年賀状を書いたのですが、思う様に進まずポストに投函出来たのは、全体の60%位でしょうか。明日までに頑張って書きま~す。

2014年に1度 書いたことがあるのですが、福岡市の献立表に載っていることを書き込みます。今回は 子どもの おやつ(間食)について♪です。内容は 少し変わっています。

子どもの体は 成長が著しく、体重1キロあたりに必要なエネルギーは、大人の2~3倍になります。子どもは 1度に たくさんの量を食べることが出来ないため、おやつ(間食)は、楽しみの1つであるとともに、3度の食事では補いきれない「エネルギー・栄養素・水分の補給の場」でもあります。

★おやつを食べるタイミング
おやつは時間を決めて、生活や食事のリズムを乱さないようにしましょう。
 1~2歳くらい 1日2回 午前10時頃・午後3時頃
 3~5歳くらい 1日1回 午後3時頃
※夕食後に おやつを食べると、夜 寝つきが悪くなり 翌朝起きられず、朝食を食べない原因になります。

★おやつの量
 1日に必要なエネルギーの10%~20%が目安になります。
 1~2歳くらい 1日2回 (例)
 午前10時頃…牛乳コップ1/2杯+果物(りんご1/6 1切)
 午後 3時頃…牛乳コップ1/2杯+果物+クラッカー2枚
 3~5歳くらい 1日1回 (例)
 午後 3時頃…牛乳コップ1杯+果物+クラッカー2枚
 ※お皿に つぎ分けて量を決めて食べることで、食べ過ぎを防ぎましょう。

★おやつのポイント
・おやつで食事だけでは不足する栄養素を補いましょう。
 3回の食事だけでは ビタミン・ミネラル・カルシウムが不足しがちなので、季節の野菜や果物・乳製品を取り入れて、足りない栄養素を補いましょう。
・市販の お菓子は控えめに
 お菓子は生活の中の楽しみの部分ですが、エネルギーが高く、砂糖・脂肪・食塩・食品添加物が多く使われている場合があります。表示を確認して購入し、食べ過ぎない様に気をつけましょう。
・水分も必要
 子どもは代謝が活発なため、水分も多く必要ですので、お茶などで水分補給することが大切です。

明日は 2016年最後の1日、本当に早かったです。

人気ブログランキングへ
↑くまバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2016/12/30 23:35 】
福岡市の献立表から
塩分の話♪
まだまだ暑い日が続いている福岡です。今日は、少しの事務仕事と開園準備だけで1日を ゆっくり過ごしました。
今日は、福岡市の献立表に載っていることを書き込みたいと思います。塩分の話♪です。

塩は ナトリウム(Na)と塩素(Cl)の化合物です。このナトリウムは 私達の体にとって、なくてはならないミネラルであり、生命を維持するために大切な役割を果たしています。主に食塩として体内に取り込まれたナトリウムは、体内の水分量を いつも適切な状態に調節したり、神経や筋肉を正常に動かすために働いたりしています。1日の食塩の必要量は、大人で男性8.0g・女性7.0gです。
※大人の塩分量は、2015年4月に厚生労働省から出された目標量の基準です。

◎摂り過ぎに注意 
 日本の食文化では 塩分が多い傾向にあり、毎日の食事の中で摂り過ぎにならない様に心掛ける必要があります。
 ナトリウムを摂り過ぎると、喉の渇きや むくみなどの症状が出たり、血液量の増加や細胞の膨張で血管に圧力がかかって血圧が上がったりします。また、塩分過多の食生活が続くことで、高血圧症や動脈硬化につながり、様々な生活習慣病をまねく恐れがあります。

◎子どもの頃から薄味に
 味覚が形成される子どもの頃には、食材そのものの美味しさを味わえるよう、旨味をきかせた薄味にしましょう。また、主食は白ごはんを基本に、ふりかけや味ごはんは控えめにしましょう。

◎子どもの1日の塩分摂取量の目標量…1~2歳 3.5g未満・3~5歳 4.5g未満

◎減塩のポイント
★天然のだしを しっかりとって、旨味をいかして料理しましょう。
★みそ汁などの汁物は、具だくさんにして、汁の量を減らしましょう。
★漬物や加工食品など目に見えない塩分量に注意しましょう。
★醤油やソースは 直接かけず、小皿にとって少しだけつけて食べましょう。
★麺類のスープは 残すようにしましょう。
★ゆずやレモンなどの柑橘類、ヨーグルトの酸味、カレー粉やこしょうなどの香辛料、ねぎやしそなどの香味野菜を上手に利用しましょう。

やはり、私が知っておくだけでは勿体ないです。毎日の生活の お役に立てると思います。

明日は、4人が登園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑団扇バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2016/08/21 23:53 】
福岡市の献立表から
水分の上手なとり方♪
今日も 36℃超えの福岡です。暑いですね~。
明日の見学の準備や事務仕事、午後から買い物に出掛けました。昨日 1歩も外へ出なかったので、気分転換になります。欲しい物が安価で手に入ったので、嬉しいです。

今日は、水分の上手なとり方♪について書き込みます。福岡市の献立表に書いてあることです。私が知るだけでは 勿体ないので、是非 知っておいてください。

子どもは 大人に比べ、水分の割合が大きく 体の70~80%は水分で、体重あたりの必要水分量が高いのが特徴です。子どもは、元気いっぱい遊び回って たくさん汗をかき、また 大人に比べて新陳代謝が活発なため、水分を多く必要とします。熱中症予防のためにも 食事に取り入れることで上手に水分補給をして、暑い夏を元気に楽しく過ごしましょう。

○水分補給のポイント
①汗をかく前と後に!…子どもは寝ている間も新陳代謝を活発にしており、汗をかきます。寝る前や起きてから、お風呂に入る前、入った後も水分補給をしましょう。喉が渇く前に こまめに水分補給をするのがコツです。
②一度に大量に飲まずに こまめに!…1度に たくさんの水を飲むと、胃に負担がかかります。1回に飲む量は子ども用コップ1杯程度までにしましょう。
③水かお茶を!…普段遊ぶ程度であれば、甘いジュースやスポーツドリンクよりも、水やお茶を飲ませましょう。

※子どもは 夢中になって外遊びをし、汗をかいても 喉が渇いたことを上手に伝えられず、脱水症状を起こすことがあります。ご家庭でも周りにいる大人が水分補給に注意してあげてください。

○水分をとるための食べ物・飲み物
◇ 夏野菜 きゅうり・トマト・なす・冬瓜など…夏が旬の野菜は、水分が多いので
  汗などで流れ出た栄養が摂れるだけでなく、水分補給になります。
◇ 果物 スイカ・ぶどう・梨など…水分が多く、生のまま食べることで、ビタミン
 やミネラルを効果的にとり込みます。
◇ 汁物 食事中のみそ汁やスープを食べるのも水分補給になります。
◇ お茶・水 お腹を冷やしてしまうことがあるので、冷えすぎていないかを確認
  してから飲ませましょう。
◇ ジュース ジュースの糖分で お腹がいっぱいになったと感じ、ごはんが食べ
  られなくなるので、出来るだけ控えましょう。

※ スポーツドリンクは、子どもにとって糖分や塩分の濃度が高く、摂り過ぎになる可能性もあるので 注意が必要です。補給したい場合は、同量の水で薄めて使うか、子ども用の飲料水を利用しましょう。

明日は、4人が登園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑すいかバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2016/08/07 23:51 】
福岡市の献立表から
かしわもちと ちまき♪
ゴールデンウィーク後半がスタートしましたね。
雨が やむまでは、事務仕事をしながら過ごしました。夕方から月に1度の買い出しにバスに乗って出掛けます。丁度 花自動車が前を走っていましたが、路線バスでは追い越せる訳もなく、光っているオシリを見ることに。明日は、時間が合えば見に行きたいと思っています。

東区のディスカウントストアでは、おやつ・缶詰・調味料・乾物・乾麺・使い捨て手袋(食品用・排泄処理用)・洗剤類・事務用品・清掃用品などを1か月分を目安に購入します。近所の お店よりも安いのです。
店内を回っている時に、かしわもちと ちまき♪を見掛けました。・・・で、今日は 福岡市の献立表に書いてあったことをアップしますね。

かしわもちや ちまきは、端午の節句(こどもの日)に食べます。
かしわもち
 あんが入った お餅を、柏(かしわ)の葉で包んだものです。柏の葉は、新芽が育つまで古い葉が落ちないことから、「子孫繁栄(家系が途切れない)」という縁起物とされています。あんの種類は、つぶあん・こしあん・地方によっては みそあんを使用するところもある様です。
ちまき
 お餅を笹の葉や茅(ちがや)の葉で包んだものです。中国の故事から「難を避ける」縁起物とされています。昔は灰汁で煮込み、保存食として扱われていました。現在は、餅の中にあんを入れたものや、もち米と鶏肉などの食材を包んで蒸す 中華ちまきなどがあります。

人気ブログランキングへ
↑こいのぼりバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2016/05/03 23:52 】
福岡市の献立表から
節   分♪
天気予報通り 雨が降り始めた福岡です。
今日は、片付けや鬼の お面製作の準備・・・と言っても どんな鬼にしようか本を見たり、インターネットで検索しているだけで、まだ決まっていません。今週中には、製作を始めたいと思っています。

今日は、福岡市の献立表に書いてあることをアップしますね。節分♪のことです。

「節分」というと、2/3が思い浮かぶと思いますが、本来の「節分」は、季節の変わり目の事といい、立春・立夏・立秋・立冬の前日に当たります。季節を分けるという意味もあり、年4回あります。現在は 1年の始まりとしての立春の節分のみを表すようになりました。
節分では、「鬼はそと、福はうち」の掛け声をかけながら、1年を健康で過ごせる様にとの願いを込めて 炒った豆をまきます。
炒った大豆を使うのは、生の豆をまいた後に拾い忘れて、その豆から芽が出るのは 良くないと言われているためです。
まいた豆を年の数だけ食べることで体が丈夫になり、風邪を引かないと言われています。

~大豆について~
大豆は、「畑の肉」とも言われる様に、良質なたんぱく質を多く含んでいます。
水洗いした後、3倍量の水に一晩浸してもどします。翌日、火にかけ煮立ったら煮汁をこぼし、新しい水を加えて弱火で豆が軟らかくなるなるまで煮込みます。時間がない時には、水煮の大豆を使うと便利です。
節分の豆まきには、炒った大豆を使いますが、その他にも 煮たり、蒸したりと様々なものに加工され、食べられています。

☆大豆からできる食べ物☆
きな粉…大豆を炒ってから粉末にしたもの。
豆乳…大豆を煮た後に、砕いて絞った絞り汁。
豆腐…豆乳に にがりを加えて固めたもの。固め方によって絹ごし豆腐と木綿豆腐になります。
油揚げ…豆腐を切って水気を切り、油で揚げたもの。
枝豆…大豆になる前のもの。枝豆が成長し、乾燥させると大豆になります。
納豆…蒸した大豆に納豆菌を加えて発酵させたもの。
味噌…蒸した大豆に塩・麹(こうじ)を加えて熟成させたもの。
醤油…蒸した大豆に小麦・塩・麹(こうじ)を加えて熟成、ろ過したもの。

福岡市の献立表は、本当に勉強になります。私だけが読むのは勿体ないので、年に何回か書き込んでいるのですが、前回から1年近くが経っていました。

明日も 4人が登園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑傘バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2016/01/17 23:52 】
福岡市の献立表から
| ホーム | 次ページ