FC2ブログ
オジギソウと月下美人♪
お天気が良く、過ごしやすい1日でしたね~。
昨日は 親戚の家具職人さんの お家でバーベキューをして頂いたので、寝具類の洗濯とブログを書き込んだ以外は 仕事をしていません。なので、今日は 仕事をしました~。
立入調査まで10日となり、書類の整理をしましたよ。避難訓練の写真をファイリングしたり、身体測定の記録を書き込んだり、予定していた分は 順調に進みました。当日までに やらなければならないことが まだまだ あるのですが、頑張ります。
P1570090.jpg
子ども達が喜ぶので、今年も家具職人さんが オジギソウ(別名は眠り草、葉を触ると数秒で葉が先から順番に閉じ、小さな枝が下を向きになります。)をくださいました。4回目です。子ども達は、指でツンツンするのが大好きなのです。1週間程してから、子ども達に見せようと思います。ツンツンは、しおんの子ども達の夏の日課です。

ベランダにある月下美人(原産地はメキシコ、クジャクサボテン科。夜に花が開き始め、朝には花がしぼむので、見ることが出来るのは一夜限りです。)が、今年は いつもより早く蕾をつけました。昨年 花が開いたのは、少し涼しくなった9月と10月でした。
P1570089.jpg
分かりにくいかも知れませんが、この1鉢に7つの蕾があります。今までの新記録です。7つ一緒に開くと豪華ですが、どうなりますでしょうか。小さな鉢にも2つ蕾があります。また報告しますね。
オジギソウと月下美人♪は、私にとっても夏の楽しみの1つです。

明日は、4人が登園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑ひまわりバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2012/07/08 23:51 】
植物のこと
月下美人♪
5日前、月下美人♪が 綺麗な花を咲かせてくれました。この時期が1回目とは 本当に遅いです。毎年 1回目の花が 7月中に咲くので、今年は もう咲かないかも知れないと諦めかけた時、小さな花芽が葉につきました。
それから 蕾を見守りつつ楽しみにしていた花が、やっと咲きました。
P1120793.jpgP1120797.jpg
3つの花が同時に開いたのですが、残念ながら1つは見えにくいところに咲いています。辺りには 甘~い香りが漂っていましたよ。
この月下美人は、3年前に亡くなった母の親友から1枚の葉を頂き 根付いたのが始まりです。ベランダで育って20年以上になります。これまでに育った何鉢かは親戚や母の友人の家に お嫁に行きましたよ。

月下美人の原産地はメキシコ、クジャクサボテン科。夜に花が開き始め、朝には花がしぼむので、見ることが出来るのは一夜限りです。この花は、食べられるそうですよ・・・と言っても、食べたことは ありません。
この3つの花も、翌朝は下を向いていました。この時、反対側に もう1つ 1~2日後に開きそうな蕾がついていたのですが、2日後 開く前に下を向いてしまいました。開く直前に下を向いてしまったのは、初めてです。残念。
今 また小さな花芽が4つありますが、この中から いくつ花を咲かせてくれるのでしょうか。楽しみに待っているところです。

今日は、完全にプライベートな1日にしようと思っていましたが、結局 連休中でなくては出来ないことを見つけてしまい 仕事を少々。いつもと変わらぬ休日となってしまいました。私らしいのかも知れません。
明日は 三連休の最終日、休養と開園準備で終わりそうです。

人気ブログランキングへ
↑四つ葉のクローバーのバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2011/09/18 23:18 】
植物のこと
月下美人♪
昨日、今日と今年最後の月下美人♪が咲きました。20年程前 母が親友から1枚の葉を頂き 根付いたのが始まりです。これまでに育った何鉢かは親戚や母の友人の家に お嫁に行きました。ベランダで育てていますから、大きくなり過ぎないよう 数年に1度 母が植え替えています。
DSCN 5375
昨日 咲いた花です。今日の花と比べると小さめでした。花びらの数も少ない様な。真正面から撮っていないのは、上の蕾を一緒に写したかったからです。

月下美人の原産地はメキシコ、クジャクサボテン科。夜に花が開き始め、朝には花がしぼむので、見ることが出来るのは一夜限りです。この花は、食べられるそうですよ。・・・と言っても、食べたことは ありません。
花が開くと甘~い香りが漂いますから、咲いているかどうかが すぐに分かります。しぼんでしまうと どんな風になるかと言いますかと・・・こんな感じです。
DSCN 5365
同じ鉢に1日違いで花が咲いたのは初めてですから、この写真を撮ることが出来ました。月下美人を初めて ご覧になった方にも分かりやすいですね。でも、不思議ですよね。突然 葉に小さな蕾がついて 大きくなるのですから。ついた蕾は全部が花になるのではなく、半分以上 落ちてしまうこともあります。今回は 涼しい時期に入っており、育たずに落ちてしまうことも覚悟していましたが、本当に良かったです。

aster家の月下美人は、年に2~3回 花を咲かせてくれます。母の親友は、昨年 亡くなられたのですが、この花が咲く度に思い出すことが出来ますから、これからも大切に育てたいと思います。

今日 しおんは休園させて頂きましたから、午前中に子ども達の寝具用タオル等の洗濯(久々にましたね。)、午後から買い物に出掛けました。モチロン、100均へも行きましたよ。明日、書くことが無かったら、大好き100均♪にしたいと思います。

人気ブログランキング
↑上のバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2009/10/10 23:56 】
植物のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
秋の香り♪
今日は、日曜日でしたね~。私は、休養とプライベートスペースの冬支度で1日を終えてしまいました。予定では天神へ出掛けて、デジカメのプリントをしなくては・・・と思っていたのですが、結局 行きませんでした。理由があるとしたら、2年半使ったカメラの故障を きっかけに購入したカメラのメモリースティックの容量が以前の3倍で、2週間毎に行かなくても良くなったのです。写真を楽しみに お待ちの お父様・お母様、もう1週間程お待ちください。

さあ そろそろタイトルの「秋の香り♪」の ことを書き込みますね。私の秋の香りと言えば、オレンジ色の花が可愛い「キンモクセイ(金木犀)」です。
DSCN 149
モクセイ科モクセイ属・中国南部が原産で江戸時代に渡来したそうです。
一昨年までは保育室のドアを開けるとキンモクセイの木が見えたのですが、花が終わってから すぐに切られてしまいました。ザンネン。それでも、昨年 大濠公園へ行く途中で見つけました。(甘い香りを辿っていくと、すぐに見つかりますよ。)今年は、花が2週間程 早い様です。
写真のキンモクセイは、まだ蕾の状態ですが、 甘い香りは しっかり漂っています。

キンモクセイの思い出は、油山市民の森で仕事をしていた頃、通勤途中にたくさんの木があったので(入口料金所から事務所までの1.6km)、車の窓を全開にして秋の風と香りを身体全体で感じたものでした。キンモクセイの花が終わると、木々が色づき 本格的な冬の足音が聞こえ始めます。

しおんとしては、子ども達と一緒に しばらく秋を楽しみたいです。(と言いながら、パソコンを使う部屋にホットカーペットを敷いたのですが。笑)来月までは、お弁当を外で食べたいな~と思っています。寒くならないことを願うばかりです。
明日、子ども達とキンモクセイを見に行きたいと思っています。

banner_04.gif
今日も8位で終わろうとしています。いつも、応援クリックありがとうございます。上のキンモクセイ色のバナーをポチッと お願いします。
【2007/10/21 23:28 】
植物のこと | コメント(4) | トラックバック(0)
月下美人♪
今日も、お休みの しおんです。2日連続で、植物の話となりました。
土曜日の夜、月下美人の花が咲きました。一昨年11月に咲いてから、2年近く経っていますから、本当に久々です。(一昨年 4回咲いたのは、新記録でした。)月下美人を ご存知の方は多いですよね。花が開き始めると、甘い香りが漂い始めます。日頃は、ベランダに置いていますから、香りで開花に気付いたこともありました。
DSCN 007
一夜限りの花で、朝になると しぼんでしまう、見る側からすると ある意味 贅沢な感じがします。(サボテン科クジャクサボテン属・原産地:メキシコ)
月下美人は挿し木で増えていきますから、今までに かなりの数を親戚や知り合いの方に差し上げましたよ。福岡の色々な場所で、この月下美人の子ども達が花を咲かせたかも知れません。来年も、また ここに写真をアップして書き込めたら良いな~と思っています。

そうそう、先日 紹介したポップアップ絵本、「かばくん ぱくぱく」が届きました。
DSCN0278_20070924210456.jpg
これで3冊が揃いました。明日から、子ども達を楽しませてくれることでしょう。喜んでくれるはず、きっと。

私の願いは届かず、まだまだ 暑い日が続きそうな福岡です。こうなったら、残暑を楽しもう♪とパートナーと話しています。その様子は、ここに書き込みますね。9月の最終週も3人で頑張ります。

banner_04.gif
お陰様で、今日も5位で終わろうとしています。いつも、応援クリックありがとうございます。上の緑色のバナーをポチッと お願いします。
【2007/09/24 22:25 】
植物のこと | コメント(8) | トラックバック(0)
前ページ | ホーム | 次ページ