fc2ブログ
福岡市 おむつと安心定期便1日からスタート♪
今日も 猛暑日だった福岡です。
7/30に書き込んだ 福岡市おむつと安心定期便が1日からスタート♪しましたね。しおんにも 大量のチラシと別便でQRコード(都合によりのステッカーを貼っています。)が届き、玄関に置いています。
DSCN8686_(2)_convert_20230805223301.jpg
2日にちゃんの お母様が専用サイトで登録後、QRコードを読み込まれました。その様子を見せて頂いたのですが、しおんの名前が画面に表示されました。かなりの場所で取得できる電子スタンプですから、準備も大変だったことでしょう。

この電子スタンプ1個で、紙おむつなどの子育て用品と交換できます。
早めの登録を お勧めします。急がれた方が良いのが、これから3歳を迎える お子さまの保護者の皆様です。対象者が0歳~2歳まで、3歳の誕生月までは受け取れます。
※ 令和5年8月1日時点で福岡市に住民票があり、令和2年4月1日から令和2年7月31日までに生まれたお子さまを育てるご家庭も1回は 電子スタンプを受け取ることが出来る様ですね。(期限 今月末。対象のお子さまが複数いる場合はいずれか1人。)詳しくは、福岡市おむつと安心定期便HPを ご覧ください。

人気ブログランキングへ
↑ひまわりバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2023/08/05 23:25 】
子育て・健康
おむつと安心定期便♪
今日も 暑かったですね。換気扇の掃除や近所の お店と天神へ買い物に出掛けました。

福岡市からチラシが届きました。8月からスタートする福岡市おむつと安心定期便♪の お知らせです。
福岡市に住所を有する、0~2歳(3歳の誕生月まで)の お子さまを育てる ご家庭が対象者となります。
対象となる方は、福岡市から利用案内が届きます。
専用サイトで利用登録後、お子さまと一緒に子育て関連施設やサービスを ご利用した際に電子スタンプ(毎月1回 上限)を受け取り、専用サイトで育児用品に交換すると、ご自宅に届くそうですよ。スタンプ1個で ミルクやオムツなどに交換できます。メーカーやサイズも色々あるので、150以上のベビー用品があり、スタンプ2個の物は少ないです。
しおんも 対象施設に入っていますので、近いうちにQRコードが届くと思います。ご利用ください。
対象施設は たくさんあるので、月1回スタンプを貰うのは 難しくないでしょう。

明日は、開園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑あさがおバナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2023/07/30 23:30 】
子育て・健康
熱中症の予防♪
今日は、天気予報が少し外れ、雨が降りませんでした。洗濯が出来て 助かります。
今日は、事務仕事を少ししました。

最近 よく「熱中症で救急搬送された」と、ニュースが流れてきます。・・・と言うことで、熱中症の予防♪について、今年も 書き込みます。
① 睡眠を十分にとる。
② 炎天下での外出や運動はさける。
③ のどが渇く前から、こまめに水分補給する。
④ 外出時は、帽子をかぶる。👒
⑤ 部屋の窓をあけ、風通しをよくする。
⑥ 体調がすぐれない時は、無理をしない。

以前にも書き込んだことがありますが
① 日射しが強い時間帯は、小さな お子さんとの外出は出来るだけ避けましょう。
・ ベビーカーに乗っている お子さんは地面から近い分、アスファルトやコンクリートの放射熱により外気温より高い暑さを感じることがありますので、くれぐれも ご注意ください。ベビーカーを押している お母様の顔の位置より2~3℃高いそうです。
② 帽子を被せたり、吸湿性の良い衣類にしましょう。(帽子は、通気性の良いものを選び、時々外して汗の蒸発を促すことが大切です。)
③ 外出の際は、時々日陰を利用して休憩をしましょう。
④ 水や麦茶で、十分に水分補給をしましょう。(麦茶には、身体を冷やす作用があるそうです。)喉が渇いたと感じてから飲むのではなく、感じる前に水分を摂るのがベストです。汗をかいた時には 塩分の補給も忘れずに。塩入清涼飲料水も販売されている様ですね。
・ 水分補給をする時、日本茶(利尿作用がある)は 避けた方が良いとのことです。小さな お子さんには、大人用のイオン飲料(味が濃く・カロリーが高いものが多い)も避けましょう。
⑤ 車内に、少しの時間だからと子ども達だけを残さないようにしましょう。

お子さんの様子がいつもと違っていたら、涼しい場所へ移動して、衣服を脱がせたり、ゆるめたりします。身体を冷やすことも必要になるでしょう。熱がある時は、首筋・脇の下・大腿の付け根を冷やすことも有効です。
飲み物が飲める様なら、乳幼児用のイオン飲料・麦茶・水などを与えます。
呼びかけても反応がなかったり、熱があるのに汗が出てない場合などは、早めに医師の治療を受ける必要があります。熱中症は症状が重くなると命への危険が及ぶこともあります。

明日は、前半 ファミサポの お預かり、後半 しおんの一時保育です。

人気ブログランキングへ
↑金魚鉢バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2023/07/02 23:17 】
子育て・健康
健康・安全 研修会♪
今日は、午後から福岡市主催の健康・安全 研修会♪に参加しました。
毎年 この時期は、参加することが出来なかったので、前回に続いて とても勉強になりました。その一部を書き込みます。

◇ むし歯にならないために
  ・ 大人が使ったスプーンを使ったり、熱い物を「フーフー」しない。🥄  
   (むし歯は 細菌で移るので、しおんで熱い物を出した時は、団扇であおいで
    います。)
  ・ 1歳をめどに哺乳びんからコップへの練習を始めましょう。
   (ジュースやイオン飲料などの甘い飲み物を哺乳ビンで飲ませると、
    ボトルカリエスとも呼ばれる哺乳瓶う蝕になるそうです。)
  ・ 歯が生えていない時期は 歯みがきナップなどでタッチケアから始め、
   1本でも生えたら歯ブラシに慣れる様に しっかり噛ませましょう。
  ・ 3歳頃は、子ども用のフロスやフッ素入りの歯みがき粉を使いましょう。
  ・ 歯ブラシは、広がっていなくても 菌が繁殖しやすいので 1か月に1本の
   交換が目安です。
  ・ 外出先で 歯みがきが出来ない時は、水や お茶を飲ませましょう。
  ・ かかりつけの歯科医を持ち、定期健診を受けることをお勧めします。

福岡市のホームページの中に、今日 教えて頂いた乳幼児期のお口の健康のチラシを見ることが出来ます。

明日は、開園する予定です。

人気ブログランキングへ
↑紫陽花バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2023/06/14 23:52 】
子育て・健康
熱中症の予防♪
今日の福岡は、最高気温29.2℃の夏日でした。真夏日や熱中症のことがニュースになっていますね。福岡の暑さは 明日の雨で落ち着くとのことですが、気をつけて過ごしましょう。

熱中症に ならないために♪・・・これは、毎年 7月頃 記事にしているのですが。今年は 早めに書き込みます。
① 睡眠を十分にとる。
② 炎天下での外出や運動はさける。
③ のどが渇く前から、こまめに水分補給する。
④ 外出時は、帽子をかぶる。👒
⑤ 部屋の窓をあけ、風通しをよくする。
⑥ 体調がすぐれない時は、無理をしない。

以前にも書き込んだことがありますが
① 日射しが強い時間帯は、小さな お子さんとの外出は出来るだけ避けましょう。
・ ベビーカーに乗っている お子さんは地面から近い分、アスファルトやコンクリートの放射熱により外気温より高い暑さを感じることがありますので、くれぐれも ご注意ください。ベビーカーを押している お母様の顔の位置より2~3℃高いそうです。
② 帽子を被せたり、吸湿性の良い衣類にしましょう。(帽子は、通気性の良いものを選び、時々外して汗の蒸発を促すことが大切です。)
③ 外出の際は、時々日陰を利用して休憩をしましょう。
④ 水や麦茶で、十分に水分補給をしましょう。(麦茶には、身体を冷やす作用があるそうです。)喉が渇いたと感じてから飲むのではなく、感じる前に水分を摂るのがベストです。汗をかいた時には 塩分の補給も忘れずに。塩入清涼飲料水も販売されている様ですね。
・ 水分補給をする時、日本茶(利尿作用がある)は 避けた方が良いとのことです。小さな お子さんには、大人用のイオン飲料(味が濃く・カロリーが高いものが多い)も避けましょう。
⑤ 車内に、少しの時間だからと子ども達だけを残さないようにしましょう。

お子さんの様子がいつもと違っていたら、涼しい場所へ移動して、衣服を脱がせたり、ゆるめたりします。身体を冷やすことも必要になるでしょう。熱がある時は、首筋・脇の下・大腿の付け根を冷やすことも有効です。
飲み物が飲める様なら、乳幼児用のイオン飲料・麦茶・水などを与えます。
呼びかけても反応がなかったり、熱があるのに汗が出てない場合などは、早めに医師の治療を受ける必要があります。熱中症は症状が重くなると命への危険が及ぶこともあります。

まだ身体が暑さに慣れていない時期なので、夏以上に気をつけたいですね。

昨日と変わらない1日を過ごしました。
今月25日(木)は、午後から福岡市の研修会に参加します。(今日、決定通知がメールで届きました。)13時までの一時保育は、お受け出来ます。

人気ブログランキングへ
↑金魚鉢バナーを1クリック お願いします。いつも応援クリックありがとうございます。
【2023/05/17 22:48 】
子育て・健康
| ホーム | 次ページ